個人情報を含む文書保存箱を輸送中に紛失(バッファロー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.16(木)

個人情報を含む文書保存箱を輸送中に紛失(バッファロー)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 株式会社バッファローは5月28日、同社顧客の個人情報が記載された書類の入った文書保存箱が輸送中に落下し、一部が紛失する事故が発生したと発表した。これは5月26日10時5分頃、修理受付票およびその添付関連書類の入った文書保存箱を保管場所変更の目的で社内専用便により輸送中、荷崩れし1箱が落下したというもの。その後多くは回収できたものの、一部が未回収となっている。

 この事故によって紛失した個人情報は99名分で、修理受付票およびその添付関連書類に記載された氏名、住所、電話番号、FAX番号、Eメールアドレスで、これは3/14・17・18日に同社から修理品を送付した顧客の一部が該当するという。同社では、関連書類が未回収の顧客は全て判明しており、お詫びと事情説明の連絡を開始している。また、回収できた顧客に対してもお詫びと事情説明の書簡を送付する。本件に関する問い合わせ専用電話も用意した。


http://buffalo.jp/support_s/20080528.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×