脆弱性情報を統計的にまとめたレポートを発表(ラック) | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

脆弱性情報を統計的にまとめたレポートを発表(ラック)

株式会社ラックは5月22日、脆弱性情報を検証してまとめた「SNSDB Advisory Report」の最新版を公開した。同社は、セキュリティレベルの保全を目的に、日本語化された最新の脆弱性情報、脆弱性の再現情報、セキュリティパッチ情報などを脆弱性情報データベース「SNSDB」と

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社ラックは5月22日、脆弱性情報を検証してまとめた「SNSDB Advisory Report」の最新版を公開した。同社は、セキュリティレベルの保全を目的に、日本語化された最新の脆弱性情報、脆弱性の再現情報、セキュリティパッチ情報などを脆弱性情報データベース「SNSDB」として提供している。

今回公開したレポートは、このSNSDBから四半期ごとの脆弱性情報を統計的にまとめたもの。今回は、2008年1月から3月までに発行した147件のSNSDBアドバイザリについて集計・分析を行っており、SNSDBピックアップ脆弱性として、関連するウイルスまたは攻撃ツールが存在するもの、悪用が容易と考えられる11件の脆弱性情報の概要を報告した。レポートの全文はWebページにて閲覧可能。

http://www.lac.co.jp/news/press20080522.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×