ホスティングサービスの安全性を第三者が診断するサービスを開始(NECビッグローブ) | ScanNetSecurity
2021.06.25(金)

ホスティングサービスの安全性を第三者が診断するサービスを開始(NECビッグローブ)

NECビッグローブ株式会社は5月22日、住商情報システム(SCS)と連携し、企業ユーザーが利用するホスティングサービスの安全性を第三者が診断し、報告する「検査報告書発行サービス」などのセキュリティ診断メニューを開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
NECビッグローブ株式会社は5月22日、住商情報システム(SCS)と連携し、企業ユーザーが利用するホスティングサービスの安全性を第三者が診断し、報告する「検査報告書発行サービス」などのセキュリティ診断メニューを開始すると発表した。

同サービスは、「BIGLOBE Webホスティングサービス」の利用者向けに提供するもので、ホスティングサービスのサーバやネットワークなどのプラットフォームに対して、OSや各種設定、パッチの適用状況などのセキュリティ診断を行い、検査報告書を発行するもの。高い技術力と豊富な診断実績を持つSCSが第三者の立場で診断を行うことで、信頼性の高いセキュリティ診断を実現すると共に、内部統制強化などに伴い、利用する外部ホスティングサーバの定期的な診断や検査報告書の取得を求める企業ニーズに対応する。

また同社では、ユーザーが運営するホームページなどのWebアプリケーションに対して、脆弱性やデータベースへの不正アクセス、サイト改竄などの危険性の有無について診断する「アプリケーション診断サービス」も併せて提供。システムの安全性をトータルに診断することを可能としている。

http://www.biglobe.co.jp/press/2008/0522-1.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×