「情報セキュリティに関するインターネット利用者意識調査2008」の結果を公表(NRIセキュア) | ScanNetSecurity
2021.06.17(木)

「情報セキュリティに関するインターネット利用者意識調査2008」の結果を公表(NRIセキュア)

 NRIセキュアテクノロジーズ株式会社は5月22日、「情報セキュリティに関するインターネット利用者意識調査2008」の結果を公表した。この調査は、全国のインターネット利用者2,000名を対象として、2008年3月にインターネットアンケートによって実施したもの。調査結果に

製品・サービス・業界動向 業界動向
 NRIセキュアテクノロジーズ株式会社は5月22日、「情報セキュリティに関するインターネット利用者意識調査2008」の結果を公表した。この調査は、全国のインターネット利用者2,000名を対象として、2008年3月にインターネットアンケートによって実施したもの。調査結果によると、回答者の過半数がスパムメールをトラブルと認識してる。

 また、8割以上が「企業の社員の情報セキュリティ教育をきちんと行うべきである」、7割以上が「情報セキュリティ教育の研修の機会をもっと増やすべきである」と回答するなど、情報セキュリティに関する自らのリテラシー向上を企業などの組織に求めている状況が浮き彫りになった。また、インターネット利用者の中でもビジネスパーソンにおいては、おおむね半数がネットワークセキュリティなどの技術的対策を求めており、また半数以上が社内の情報管理ルールを明確にして、それを教育として周知をはかることが望ましいと考えている状況も把握することができたとしている。

http://www.nri.co.jp/news/2008/080522.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×