京都中央信用金庫がフィッシング対策に「RSA FraudAction」を採用(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity
2021.06.20(日)

京都中央信用金庫がフィッシング対策に「RSA FraudAction」を採用(RSAセキュリティ)

RSAセキュリティ株式会社は5月20日、京都中央信用金庫がフィッシング詐欺対策の強化策として、フィッシングサイトを閉鎖してネット犯罪の被害を予防する「RSA FraudAction」を採用したと発表した。RSA FraudActionは、「ANSER-WEB」のオプションサービスとして株式会社N

製品・サービス・業界動向 業界動向
RSAセキュリティ株式会社は5月20日、京都中央信用金庫がフィッシング詐欺対策の強化策として、フィッシングサイトを閉鎖してネット犯罪の被害を予防する「RSA FraudAction」を採用したと発表した。RSA FraudActionは、「ANSER-WEB」のオプションサービスとして株式会社NTTデータを通じて提供される。

RSA FraudActionは、フィッシングサイトを迅速に閉鎖しオンライン犯罪の被害を防止するもの。日本におけるフィッシング件数は急増し、その攻撃手法も巧妙さを増す中、サービス利用者に依存しない対策がますます重要になっている。RSAセキュリティは、長年培ってきた知識と経験を最大限に活用し、フィッシングサイトを早期閉鎖するサービスを提供し、安全なオンライン取引を支援するとしている。

http://japan.rsa.com/press_release.aspx?id=9402
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×