「2007年度 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書」を発表(JNSA) | ScanNetSecurity
2021.06.19(土)

「2007年度 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書」を発表(JNSA)

JNSA(NPO日本ネットワークセキュリティ協会)セキュリティ被害調査ワーキンググループは5月19日、2007年に新聞やインターネットニュースなどで報道された個人情報漏洩インシデントの情報を集計し、分析を行った「2007年度情報セキュリティインシデントに関する調査報告

製品・サービス・業界動向 業界動向
JNSA(NPO日本ネットワークセキュリティ協会)セキュリティ被害調査ワーキンググループは5月19日、2007年に新聞やインターネットニュースなどで報道された個人情報漏洩インシデントの情報を集計し、分析を行った「2007年度情報セキュリティインシデントに関する調査報告書(Ver.1.0)速報版」を発表した。本調査データは、インターネット上に公開されたインシデントに関する情報を手作業で収集し、記事や文書に書かれた内容から、インシデントの分析に必要な情報を取得したもの。

調査結果では、漏洩人数は約3,053万人と、2006年と比較して大幅に増加した。これに伴い、想定損害賠償総額も大幅に増加し、2兆円の大台を突破した。これは、大規模な個人情報漏洩インシデント(複合サービス事業1件、製造業1件)によって、約2,307万人の個人情報が漏洩したことが大きく影響している。一方、インシデント件数は129件減少し864件となった。また2007年は、漏洩原因の「管理ミス」の件数および割合が大きく増加した。「誤操作」の割合も増加している。一方で「紛失・置忘れ」「盗難」の件数は減少している。

http://www.jnsa.org/result/2007/pol/incident/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×