西濃運輸、顧客情報の一部が2年近くネットから閲覧可能な状態に | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

西濃運輸、顧客情報の一部が2年近くネットから閲覧可能な状態に

 西濃運輸株式会社は5月15日、同社が複数の取引先から預かっている顧客の個人情報の一部が、インターネット上にて閲覧可能な状態にあったことが判明したと発表した。これは、2005年7月から2008年5月11日に同社にて配送業務を依頼した取引先の顧客情報(氏名、住所、電話

製品・サービス・業界動向 業界動向
 西濃運輸株式会社は5月15日、同社が複数の取引先から預かっている顧客の個人情報の一部が、インターネット上にて閲覧可能な状態にあったことが判明したと発表した。これは、2005年7月から2008年5月11日に同社にて配送業務を依頼した取引先の顧客情報(氏名、住所、電話番号)1,061名分がインターネット上で閲覧可能な状態にあったというもの。

 同社では、これらの情報は、社内のネットワークとは別に独立した状態のサーバ内に、転居先情報などの物流情報管理を目的として保管していたもので、社内における物流情報管理を目的としていたために、第三者からのアクセスは想定しておらず、アクセス制限のセキュリティー対策が不十分であったため、個人情報の一部がインターネット上で閲覧可能な状態になっていたという。本件発覚後、速やかに当該サーバはインターネット回線より切断している。


西濃運輸:お客様情報取扱い不備に関するお詫びとお知らせ
http://www.seino.co.jp/seino/news/pdf/20080515-01.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×