富士山マガジンサービスの一部サイトが改竄被害、悪意あるサイトに誘導 | ScanNetSecurity
2021.06.23(水)

富士山マガジンサービスの一部サイトが改竄被害、悪意あるサイトに誘導

 富士山マガジンサービス株式会社は5月12日、同社Webサイトの一部ページが5月8日8時頃に改竄被害に遭ったと発表した。同社では、同日11時20分以降一定期間Webサイトを閉鎖した。この期間に対象Webサイトにアクセスした場合、改竄されたスクリプトが実行され、悪意のある

製品・サービス・業界動向 業界動向
 富士山マガジンサービス株式会社は5月12日、同社Webサイトの一部ページが5月8日8時頃に改竄被害に遭ったと発表した。同社では、同日11時20分以降一定期間Webサイトを閉鎖した。この期間に対象Webサイトにアクセスした場合、改竄されたスクリプトが実行され、悪意のあるサイトに誘導されウイルスに感染する恐れがあった。対象となるページは以下の通り。

www.fujisan.co.jp
askul.fujisan.co.jp
shop.fujisan.co.jp

 今回の改竄はSQLインジェクションによるもので、該当期間中に上記ページにアクセスした場合、トロイの木馬である「TROJ_ARTIEF.H(トレンドマイクロによる名称)」に感染する可能性があった。同社は該当するユーザに対し、ウイルス対策ソフトを最新情報にアップデートした上でウイルススキャンを実施後、万一ウイルスに感染していた場合は駆除するよう呼びかけている。


富士山マガジンサービス:弊社WEBサイト改竄に関するお知らせ
http://www.fujisan.co.jp/HTML/INFO/notice080508.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×