国内シンクライアント関連市場規模予測を発表 (IDC) | ScanNetSecurity
2020.11.24(火)

国内シンクライアント関連市場規模予測を発表 (IDC)

 IDC Japan株式会社は4月21日、2007年第4四半期の実績調査をもとに、シンクライアント専用端末出荷台数および市場規模の動向について分析を行い、その結果を発表した。シンクライアントは、セキュリティ対策、TCO削減、情報システムの管理効率化、事業継続性および災害

製品・サービス・業界動向 業界動向
 IDC Japan株式会社は4月21日、2007年第4四半期の実績調査をもとに、シンクライアント専用端末出荷台数および市場規模の動向について分析を行い、その結果を発表した。シンクライアントは、セキュリティ対策、TCO削減、情報システムの管理効率化、事業継続性および災害復旧対策といった経営課題だけでなく、仮想化、グリーンITとも密接な関係があり、注目されている。IDCではシンクライアント専用端末と既存PCのシンクライアント化端末の市場があるとみている。

 発表によると、シンクライアント専用端末の出荷台数は2007年の実績値で111,000台、2012年には67万台超となり、2007年から2012年の出荷台数における年間平均成長率(CAGR)は43.4%と高い成長率を維持し、関連サービスを含めたシンクライアントソリューション市場規模は、2012年には1,770億円に達するとIDCでは予測している。さらにシンクライアント化端末を含めると、出荷台数は2007年の実績値で191,000台、2012年には110万台に達するとみている。

http://www.idcjapan.co.jp/Press/Current/20080421Apr.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×