IPS専用機種に新モデル投入、管理機能強化で迅速なインシデント対応実現(チェック・ポイント) | ScanNetSecurity
2021.09.22(水)

IPS専用機種に新モデル投入、管理機能強化で迅速なインシデント対応実現(チェック・ポイント)

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社は4月10日、IPS専用機種の新モデル「IPS-1 R65.1」を発表、同日より出荷を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社は4月10日、IPS専用機種の新モデル「IPS-1 R65.1」を発表、同日より出荷を開始した。

IPS-1は、重要なビジネス・システムに対する危険性の高い攻撃を抽出して強調表示するリアルタイム・グラフィカル・インタフェース「Situational Visibility機能」を搭載した初めての侵入防御システム。同機能を使用すると、これらのビジネス・システムをグラフィカルに監視し、重要なイベントをドリルダウンして攻撃の詳細を確認することが可能となる。

また、同製品はIntelのマルチコア及びパラレル・プロセッシング技術を活用しており、アプライアンス版とソフトウェア版のどちらでも高いパフォーマンスを発揮する。さらに、今リリースよりチェック・ポイントのセキュリティ・アーキテクチャに統合されたことで、導入の効率化やなじみのあるユーザー・インタフェースによる管理が実現されている。

http://www.checkpoint.co.jp/pr/2008/20080410ips1.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×