富士通ビジネスシステム社員の個人用PCからNTT西日本の顧客情報が流出 | ScanNetSecurity
2021.09.28(火)

富士通ビジネスシステム社員の個人用PCからNTT西日本の顧客情報が流出

 株式会社富士通ビジネスシステム(FJB)は4月8日、同社社員が自宅で所有しているPCがウイルスに感染し、同PCに保存されていた顧客情報がインターネット上に流出する事態が発生したと発表した。流出判明後、調査・分析の結果、2001年から2002年にかけて元請である西日本

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社富士通ビジネスシステム(FJB)は4月8日、同社社員が自宅で所有しているPCがウイルスに感染し、同PCに保存されていた顧客情報がインターネット上に流出する事態が発生したと発表した。流出判明後、調査・分析の結果、2001年から2002年にかけて元請である西日本電信電話株式会社和歌山支店からFJBが受託した業務に関するものが含まれており、顧客の従業者の氏名・住所等の情報が存在することが判明した。

 流出した顧客情報の件数は法人顧客35件で、このうち顧客の従業者の情報は1,041件(従業者名、住所、電話番号、性別等)。なお、従業者の口座番号等は含まれていないとしている。また、流出した情報の不正使用等の事実は確認されていないという。

富士通ビジネスシステム:お客様情報の流出について
http://www.fjb.fujitsu.com/news/2008/080408.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×