統合型セキュリティ診断ツールを発売(東芝ITサービス) | ScanNetSecurity
2020.11.28(土)

統合型セキュリティ診断ツールを発売(東芝ITサービス)

東芝ITサービス株式会社は4月3日、多数のサーバのセキュリティ対策状態を一括に診断・管理する統合型セキュリティ診断ツール「セキュドック<センター>」を機能強化したVersion2.0の販売を開始したと発表した。新バージョンでは、WindowsサーバOSへ対応していた従来製品

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
東芝ITサービス株式会社は4月3日、多数のサーバのセキュリティ対策状態を一括に診断・管理する統合型セキュリティ診断ツール「セキュドック<センター>」を機能強化したVersion2.0の販売を開始したと発表した。新バージョンでは、WindowsサーバOSへ対応していた従来製品に加え、UNIX・Linuxなどにも対応した。これにより要望の多かったOS混在環境下での統合セキュリティ診断を可能にした。価格はマネージャ「センターS」が80万円から、エージェントの10台セットが60万円からとなっている。

また、マネージャの管理能力を大幅に強化し、計4グレードをラインナップした。最上級グレードのEXでは、最大で1,000台までの診断対象サーバが1台のマネージャで管理できるようになった。これにより大規模ユーザにおける集中管理・一括診断の利便性・可用性の向上を可能としている。さらに、マルチOSへの対応に伴い、レポート機能・診断スケジュール機能などを強化、コンソールの操作性も強化し、ユーザビリティの向上を図った。

http://www.it-serve.co.jp/topics/20080403.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×