サウンドハウス、不正アクセスによる利用者情報流出の続報を発表 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.10(月)

サウンドハウス、不正アクセスによる利用者情報流出の続報を発表

株式会社サウンドハウスは4月7日、同社が運営するインターネットショッピングサイトから利用者情報が流出した件で、続報を発表した。発表によると、流出した情報は2007年1月1日?2008年3月22日までに新規会員登録を行った利用者のデータ(総数122,884件)のうち、最大97,

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
株式会社サウンドハウスは4月7日、同社が運営するインターネットショッピングサイトから利用者情報が流出した件で、続報を発表した。発表によると、流出した情報は2007年1月1日~2008年3月22日までに新規会員登録を行った利用者のデータ(総数122,884件)のうち、最大97,500件までの氏名、フリガナ、性別、生年月日、ログイン用メールアドレス、ログイン用パスワード、クレジットカード情報(名義 /カード番号 /有効期限のデータが流出した可能性があるという。なお、このうちカード情報保有データは27,743件。ただし、クレジットカードのパスワードは同社ではデータを保持していないため、流出の危険はなく、また住所、電話番号に関しては、調査の結果流出の形跡はなかったという。

同社ではまた、現在の対応状況として、セキュリティ対策を専門とする第三者機関からの提案に基づき、Webシステム構成の再設計、侵入経路を遮断する不正侵入監視機器の設置、セキュリティ管理対策委員会の設置、24時間体制の不正アクセス監視、ファイアウォールのアップグレード、不正プログラムの除去、データベースからカード情報を削除を実施したとしている。


サウンドハウス:個人情報の流出について 2008年4月7日 6時00分
http://www.soundhouse.co.jp/shop/News.asp?NewsNo=1559
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×