内部統制へ向けてセキュリティマネジメント機能を強化(日立電サ) | ScanNetSecurity
2021.09.21(火)

内部統制へ向けてセキュリティマネジメント機能を強化(日立電サ)

日立電子サービス株式会社(日立電サ)は4月1日、統合セキュリティログ管理ソリューション「SecureEagle/SIM」をバージョンアップし、同日より発売したと発表した。同製品は、ITシステムで発生するセキュリティインシデントをモニタリングし、的確なレポーティングによっ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日立電子サービス株式会社(日立電サ)は4月1日、統合セキュリティログ管理ソリューション「SecureEagle/SIM」をバージョンアップし、同日より発売したと発表した。同製品は、ITシステムで発生するセキュリティインシデントをモニタリングし、的確なレポーティングによってITの内部統制をサポートするソリューション。

今回、セキュリティシステム運用支援などを日立電サがユーザの代わりにリモートで運用を行う新機能を追加した。これによりユーザは、セキュリティシステムの運用作業から監視・分析、レポーティングに至るまでフルアウトソースが可能となる。そのほか月1回のセキュリティ定期診断サービスも提供し、システム管理者は負荷を増やすことなく、セキュリティレベルを維持することができる。

http://www.hitachi-densa.co.jp/news/20080401.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×