「2008/2 国内フィッシング情報届出状況」他を公開(フィッシング対策協議会) | ScanNetSecurity
2023.01.29(日)

「2008/2 国内フィッシング情報届出状況」他を公開(フィッシング対策協議会)

フィッシング対策協議会は3月24日、「2008/2 国内フィッシング情報届出状況」および「2007/12 APWG レポート日本語版」を公開した。2008年2月のフィッシング情報届出状況では、2月の届出件数は前月より7件増加した11件であった。また、フィッシングメールの報告件数は9件

製品・サービス・業界動向 業界動向
フィッシング対策協議会は3月24日、「2008/2 国内フィッシング情報届出状況」および「2007/12 APWG レポート日本語版」を公開した。2008年2月のフィッシング情報届出状況では、2月の届出件数は前月より7件増加した11件であった。また、フィッシングメールの報告件数は9件、フィッシングサイトの報告件数は8件であった。フィッシングによりブランド名を悪用された企業の件数は7件となっている。

APWGレポートでは、2007年12月期のフィッシングに関する報告件数は25,683件、フィッシング・サイト数は25,328、フィッシングによりハイジャックされた商標数は144、フィッシング行為を受けた上位80%に属する商標数は16、最も多くのフィッシング・Webサイトのホストとなった国は米国となっている。また、最も標的となった産業分野は金融が91.7%を占め、リテール、ISPがそれぞれ1.4%であった。

http://www.antiphishing.jp/news/000065.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×