「2008/2 国内フィッシング情報届出状況」他を公開(フィッシング対策協議会) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.22(土)

「2008/2 国内フィッシング情報届出状況」他を公開(フィッシング対策協議会)

フィッシング対策協議会は3月24日、「2008/2 国内フィッシング情報届出状況」および「2007/12 APWG レポート日本語版」を公開した。2008年2月のフィッシング情報届出状況では、2月の届出件数は前月より7件増加した11件であった。また、フィッシングメールの報告件数は9件

製品・サービス・業界動向 業界動向
フィッシング対策協議会は3月24日、「2008/2 国内フィッシング情報届出状況」および「2007/12 APWG レポート日本語版」を公開した。2008年2月のフィッシング情報届出状況では、2月の届出件数は前月より7件増加した11件であった。また、フィッシングメールの報告件数は9件、フィッシングサイトの報告件数は8件であった。フィッシングによりブランド名を悪用された企業の件数は7件となっている。

APWGレポートでは、2007年12月期のフィッシングに関する報告件数は25,683件、フィッシング・サイト数は25,328、フィッシングによりハイジャックされた商標数は144、フィッシング行為を受けた上位80%に属する商標数は16、最も多くのフィッシング・Webサイトのホストとなった国は米国となっている。また、最も標的となった産業分野は金融が91.7%を占め、リテール、ISPがそれぞれ1.4%であった。

http://www.antiphishing.jp/news/000065.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×