ひとり当たりのスパム送信国ワースト1は「ピトケアン島」-ソフォス | ScanNetSecurity
2023.01.29(日)

ひとり当たりのスパム送信国ワースト1は「ピトケアン島」-ソフォス

 ソフォス株式会社は3月10日、ひとり当たりのスパム送信国ワーストをチャートにしたトップテンを公表した。スパム送信国の1〜3位を占めている米国、ロシアおよび中国は、3国を合計すると2007年第4四半期に配信された全スパムの33.8%を占めていまるが、このチャートには

製品・サービス・業界動向 業界動向
 ソフォス株式会社は3月10日、ひとり当たりのスパム送信国ワーストをチャートにしたトップテンを公表した。スパム送信国の1〜3位を占めている米国、ロシアおよび中国は、3国を合計すると2007年第4四半期に配信された全スパムの33.8%を占めていまるが、このチャートにはまったく現れていない。トップ3は、1位が「ピトケアン島」、2位が「ニウエ」、3位が「トケラウ」となっており、スパム送信国トップ3の国々も人口当たりで見ると、米国は64位、ロシア45位、中国に至っては132位と大幅に順位を下げている。このチャートに入ってくる国の多くは、通常のスパム送信大国と比べても極めて人口が少ない国々だが、ひとり当りスパム送信で比べると、その送信数はとてつもなく高くなる。


ソフォス、一人当たりスパム送信国ワースト1が「ピトケアン島」と発表
http://www.sophos.co.jp/pressoffice/news/articles/2008/03/pitcairn.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×