スピア型サイバー攻撃判定システム開発のための共同実証実験を開始(NICT) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.26(木)

スピア型サイバー攻撃判定システム開発のための共同実証実験を開始(NICT)

製品・サービス・業界動向 業界動向

独立行政法人情報通信研究機構(NICT)は3月3日、重要な社会インフラの運営体等を狙った「スピア型サイバー攻撃」へ対処するための技術を施策し、実証実験を開始した。同実験にはトレンドマイクロ株式会社、株式会社ラックが参加し、3月末日まで実施する予定。スピア型サイバー攻撃とは、政府機関や金融、情報通信などを狙った攻撃のこと。

スピア型サイバー攻撃は通常のサイバー攻撃と異なり、特定の組織のみに対してマルウェア(ウィルス等)を送り付けるなど、攻撃対象が限定的であることが特徴。このため攻撃を早期に検知し、判定するためのシステム開発が切望されていた。今回試作したシステムは、プロトコルを活用し、スピア型サイバー攻撃を直ちに検知判定するためのもの。実証実験にて、同システムの有効性の検証を行なうほか、今後も体制等を見直し、さらなる実験も計画している。

http://www2.nict.go.jp/pub/whatsnew/press/h19/080303/080303_1.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×