広島銀行がワンタイム・パスワードを導入(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity
2023.01.29(日)

広島銀行がワンタイム・パスワードを導入(RSAセキュリティ)

RSAセキュリティ株式会社は3月3日、広島銀行がセキュリティ対策にワンタイム・パスワード「RSA SecurID」を採用したと発表した。同行は、RSA SecurIDによる「ワンタイムパスワード認証」を4月14日に開始する予定だ。なお、RSA SecurIDによる「ワンタイムパスワード認証」

製品・サービス・業界動向 業界動向
RSAセキュリティ株式会社は3月3日、広島銀行がセキュリティ対策にワンタイム・パスワード「RSA SecurID」を採用したと発表した。同行は、RSA SecurIDによる「ワンタイムパスワード認証」を4月14日に開始する予定だ。なお、RSA SecurIDによる「ワンタイムパスワード認証」は、中国地方の地方銀行では初の導入となる。

同行は、個人向けインターネットバンキング・サービス「<ひろぎん>ダイレクトバンキングサービス」を提供中。今回RSA SecurIDを採用したことで、パスワード詐取によるなりすましを防ぎ、ネット犯罪に対して有効な対策を施せるほか、利用者も定期的なパスワード変更が不要となり、安心してサービスを利用することができる。

http://japan.rsa.com/press_release.aspx?id=9234
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×