広島銀行がワンタイム・パスワードを導入(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

広島銀行がワンタイム・パスワードを導入(RSAセキュリティ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

RSAセキュリティ株式会社は3月3日、広島銀行がセキュリティ対策にワンタイム・パスワード「RSA SecurID」を採用したと発表した。同行は、RSA SecurIDによる「ワンタイムパスワード認証」を4月14日に開始する予定だ。なお、RSA SecurIDによる「ワンタイムパスワード認証」は、中国地方の地方銀行では初の導入となる。

同行は、個人向けインターネットバンキング・サービス「<ひろぎん>ダイレクトバンキングサービス」を提供中。今回RSA SecurIDを採用したことで、パスワード詐取によるなりすましを防ぎ、ネット犯罪に対して有効な対策を施せるほか、利用者も定期的なパスワード変更が不要となり、安心してサービスを利用することができる。

http://japan.rsa.com/press_release.aspx?id=9234
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×