OpenIDファウンデーション・ジャパン(仮称)設立へ向け活動開始(シックス・アパート他) | ScanNetSecurity
2023.01.29(日)

OpenIDファウンデーション・ジャパン(仮称)設立へ向け活動開始(シックス・アパート他)

シックス・アパート株式会社、日本ベリサイン株式会社、株式会社野村総合研究所の3社は2月28日、日本国内におけるOpenID技術のさらなる普及を推進するため、「OpenIDファウンデーション・ジャパン(仮称)」の設立へ向けて活動を開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
シックス・アパート株式会社、日本ベリサイン株式会社、株式会社野村総合研究所の3社は2月28日、日本国内におけるOpenID技術のさらなる普及を推進するため、「OpenIDファウンデーション・ジャパン(仮称)」の設立へ向けて活動を開始すると発表した。

OpenIDは、2005年に米six apart社で開発された、共通のユーザーIDを複数のWebサービスで使えるようにする認証技術。OpenID対応サイトで一度IDを取得すれば、他の対応サイト上で新規ユーザー登録することなく、同じIDでログインできるようになるため、ユーザーのID管理がとても容易になる。認証の仕様は、非営利組織である米OpenID Foundationにより公開され、既に全米で1万以上のサイトがOpenIDに対応し、2億5千万件を超えるOpenID対応IDが提供されている。

3社を発起人として、国内におけるOpenID技術の普及を強力に推進するために米OpenID Foundationと話し合いを進めており、日本支部として4月の設立を目指している。また、既にアセントネットワークス、イーコンテクスト、インフォテリア、テクノラティジャパン、ニフティ、ミクシィ、ヤフー、ライブドアの各社が参加を表明している。

http://www.sixapart.jp/press_releases/2008/02/28-1130.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×