携帯端末ユーザの過半数がセキュリティに不安--マカフィーが調査 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.26(木)

携帯端末ユーザの過半数がセキュリティに不安--マカフィーが調査

製品・サービス・業界動向 業界動向

 マカフィー株式会社は3月4日、米McAfeeが2月11日にスペインのバルセロナで開催された展示会 MOBILE WORLD CONGRESSにおいて発表されたモバイル・セキュリティに関する最新の調査結果を発表した。この調査報告書「マカフィー モバイルセキュリティレポート2008」では、従来型および最新の携帯端末サービスにおけるユーザ体験と、モバイル・セキュリティ課題についてのユーザの理解と意識について詳細に報告しているもの。主な調査結果は以下の通り。

●86%のユーザが、使用している携帯端末について、料金の水増し請求や情報の消失または盗難といったセキュリティリスクの不安を抱いている。
●4分の3近く(72%)のユーザが、モバイル・マルチメディアのサービスやモバイル決済といったモバイル・サービスのセキュリティに不安を抱いている。
●少なくとも79%のユーザが、使用している携帯端末にセキュリティ対策が施されていないことを知りながら使用しており、さらに、残る15%が、セキュリティレベルを知らないまま使用している。
●過半数(59%)のユーザが、携帯端末とそのサービスのセキュリティ対策について通信事業者が主要な責任を負うことを期待している。
●世界中の携帯端末ユーザの3分の1超(34%)が、使用している携帯端末とサービスの全般的な安全性について疑念を抱いている。


マカフィー
http://www.mcafee.com/jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×