ソフォス、2007年の脅威傾向をまとめたセキュリティ脅威レポートを発表 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

ソフォス、2007年の脅威傾向をまとめたセキュリティ脅威レポートを発表

製品・サービス・業界動向 業界動向

 ソフォス株式会社は2月14日、2007年1月から12月までのセキュリティ脅威傾向をまとめ、2008年の動向を予測した「セキュリティ脅威レポート 2008」を発表した。発表によると、2007年には正規のWebサイトをハッキングしてマルウェアを仕掛け、サイト閲覧者のコンピュータを感染させる攻撃が急増した。同社では現在、1日に約6,000件の新規感染サイトを検知している。また2007年の傾向として、Macintoshコンピュータを狙った攻撃、新しいデバイスを狙った脅威、国家間の攻撃を挙げている。これらの攻撃傾向は2008年もさらに進むと同社ではみている。

 2007年のメールウイルストップ10では、「Mal/HckPk」が23.7%で1位、「W32/Netsky」が19.9%で2位、「W32/Mytob」が13.2%で3位。Webウイルスでは、「Mal/Iframe」が53.3%で1位、「Mal/ObfJS」が9.8%で2位、「Troj/Decdec」が6.6%で3位となっている。マルウェアをホスティングする国では、中国が51.4%で1位、アメリカが23.4%で2位、ロシアが9.6%で3位となっている。

ソフォス セキュリティ脅威レポート 2008
http://www.sophos.co.jp/sophos/docs/jpn/marketing_material/sophos-security-report-08jp.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×