日立、社員の私有PCから個人情報を含む旧三共株式会社の情報が流出 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

日立、社員の私有PCから個人情報を含む旧三共株式会社の情報が流出

製品・サービス・業界動向 業界動向

 株式会社日立製作所は2月19日、同社が受託した旧三共株式会社の従業員に関する情報を含む業務関連情報等が、同社社員の私有のPCからファイル交換ネットワーク上に流出していたことが2月12日に判明したと発表した。流出した情報は、旧三共株式会社(現在の第一三共株式会社)の端末機器設定作業の際に使用した各種リスト、計画書、手順書等と2003年12月時点で旧三共株式会社に在籍していた役員、嘱託を含む従業員約6,000人分の氏名および現在は使用されていない社員コード、所属コード、部署、役職、電子メールアドレス、FAX番号を記載した社員リスト。同社では今回の事態を重く受け止め、継続的な各種情報セキュリティ対策を講じるなど、再発防止を図り、信頼回復に全力で取り組むとしている。

日立:ファイル交換ソフトを介した情報流出について
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2008/02/0219a.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×