日立、子会社社員の私有PCから火力発電所の報告書が流出 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.23(月)

日立、子会社社員の私有PCから火力発電所の報告書が流出

製品・サービス・業界動向 業界動向

 株式会社日立製作所は2月14日、同社が受注した東京電力株式会社姉崎火力発電所3号機ならびに中部電力株式会社碧南火力発電所2号機の試運転に関する報告書類が、日立から作業を委託されたバブコック日立株式会社の作業者の私有PCから、ファイル交換ネットワーク上に流出していたことが2月12日までに判明したと発表した。同社が本情報の内容を確認・検証した結果、発電所の安全に影響を及ぼすような情報は含まれていないとしている。

日立:ファイル交換ソフトを介した情報流出について
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2008/02/0214b.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×