ウイルス対処状況レポート(2008年1月度)を発表(フォーティネット) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

ウイルス対処状況レポート(2008年1月度)を発表(フォーティネット)

製品・サービス・業界動向 業界動向

フォーティネットジャパン株式会社は2月7日、2008年1月度のウイルス対処状況レポートを発表した。FortiGateセキュリティアプライアンスが2008年1月に発見した「脅威トップ10」をみると、「バレンタインデーキャンペーン」と称した「Small.FQS(別名Storm)」が、たった1日で今月のトップ10の3位となり、先月トップ10入りした「Bdsearch」および「TCent」はチャート外になるなど、新たな脅威が登場した月となった。

また、トロイの木馬である「Pushu.BYC」および「Pushdo.DGH」が大量の「e カード」を送信してきたことも特徴だ。ユーザが添付ファイルを実行してしまうと、「Pushdo」は感染ルーチンを開始し、システムリソースを食い荒らしてしまうというものだ。ユーザは、第三者から送られてきたリンクをたどる前に、これから訪問しようとしているサイトのロケーションを注意深く調べるべきであるとしている。

http://www.fortinet.co.jp/news/pr/2008/pr020708.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×