熊本県人吉市、職員が借金先に475名分の個人情報を漏洩 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.21(土)

熊本県人吉市、職員が借金先に475名分の個人情報を漏洩

製品・サービス・業界動向 業界動向

 熊本県人吉市は2月11日、福祉生活部福祉課保護係の男性職員(49歳)が、個人情報を漏洩するという不祥事が発覚したと発表した。これは、金融機関から借金した職員が、相手の要求により「被保護者一覧245世帯 286人分の名簿、および人吉球磨剣道連盟会員189人分の名簿」を漏洩したというもの。同市では、2月12日に被保護世帯全戸を訪問し、お詫びと事実説明を行うとともに、被害や不審な電話等がなかったかなどの調査を行い、人吉球磨剣道連盟には事情説明の上、お詫びをしたという。また、被害等があった場合の相談窓口を担当課に設置している。職員の処分については秘密漏洩であり、しかもケースワーカーによる意図的な情報流出であるため、不祥事を引き起こした当該職員については2月13日付けで懲戒免職とし、管理責任者等は同日付けで、それぞれの職責に応じて、戒告あるいは文書訓告を行うなど対処した。

熊本県人吉市:職員の不祥事について
http://www.city.hitoyoshi.kumamoto.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×