IT資産管理・情報漏洩対策ソフト最新版を発売(NSW) | ScanNetSecurity
2021.08.03(火)

IT資産管理・情報漏洩対策ソフト最新版を発売(NSW)

NSW(日本システムウエア株式会社)は1月31日、内部からの情報漏洩を未然に防止するための法人向けソフトウェアに、IT資産管理機能を大幅に強化した新バージョン「ProvisioNetバージョン2.0」を2月1日より発売すると発表した。本シリーズは、PCおよびサーバの操作監視・

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
NSW(日本システムウエア株式会社)は1月31日、内部からの情報漏洩を未然に防止するための法人向けソフトウェアに、IT資産管理機能を大幅に強化した新バージョン「ProvisioNetバージョン2.0」を2月1日より発売すると発表した。本シリーズは、PCおよびサーバの操作監視・操作制限を行うとともに、組織内のIT資産を正確に把握するソフトウェア。IT資産を管理する「ProvisioNet AssetConductor」、ソフトウェアの配布やアップデートのインストールを自動的に実行する「ProvisioNet SoftwareExpress」、重要情報へのアクセス、不正操作の監視と記録を行う「ProvisioNet PcSentinel」、サーバファイルへのアクセスを監視・記録する「ProvisioNet ServerSentinel」によって構成される。

新バージョンでは、IT資産管理機能を大幅に改善し、組織内のすべてのIT資産、ソフトウェアライセンスを容易に把握できるようになった。管理サーバと本ソフトウェアを導入するだけで、すべてのPCのハードウェアおよびソフトウェア情報だけでなく、Windowsに加えLinuxやプリンタなどのIT機器までの情報も同時に収集でき、資産台帳管理が漏れなく行える。また、顧客志向のコンセプトを追及し、PCおよびサーバの操作監視・操作制限に関しては、すぐに参照できるセキュリティポリシーの提供と監視機能の強化・改善を実現した。製品構成は顧客の環境に合わせて組み合わせることができ、最小構成価格は30ユーザで50万円台からとなる。

http://www.nsw.co.jp/topics/tpcs_provisionet2.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×