メール・アプライアンスの最新版を提供開始(クラスキャット、センドメール) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.20(金)

メール・アプライアンスの最新版を提供開始(クラスキャット、センドメール)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

センドメール株式会社と株式会社クラスキャットは2月5日、IBMのx86サーバ「IBM System x 3550 / 3650 Express Advantage 対応モデル」に、安全なメール環境構築に不可欠なスパムフィルタリング、OP25B、サブミッションポートなどの設定機能を統合したオールインワンのアプライアンスの最新版を発表した。ダイワボウ情報システム株式会社が「ウィルス/スパム対策インターネットサーバアプライアンス Version 5」として、2月18日より販売を開始する。

最新版では、OSに「Red Hat Enterprise Linux 5.1」を搭載し、Xen仮想化機能を利用したシステム構築も可能となった。また、新たに50ユーザ対応モデルを追加したことで、専門のIT管理者が不在の中小規模企業にも導入・運用管理が容易な環境を提供できるようになっている。インターネットサーバ機能をGUIで容易に管理できる「ClassCat Cute Server Manager Enterprise Edition 5.0」、メールセキュリティ運用・管理の統合環境「Mailstream Manager」、高精度スパムメール対策フィルタ「Sendmail Anti-Spam」などを搭載し、既存のメールシステムへの追加導入または置換えにより、安全なメール環境を短期間で構築することが可能だ。

http://www.classcat.com/esc/news2008/news_20080205.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×