新宿区、相談員が介護保険料徴収票33名分を紛失 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

新宿区、相談員が介護保険料徴収票33名分を紛失

製品・サービス・業界動向 業界動向

 新宿区は1月24日、同区の非常勤の介護保険料納付相談員が33名分の介護保険料徴収票を紛失したと発表した。これは、同相談員が担当地域の被保険者宅を訪問中に紛失したもので、徴収票には住所、氏名、生年月日、介護保険料の納付状況等が含まれていた。同区では周辺地域を捜すとともに、警察に遺失届けを提出した。引き続き、徴収票の発見に努めているが、現在のところ発見には至っていないという。なお、今回紛失した徴収票を悪用し、区の納付相談員をかたって集金に訪れることも考えられるとしており、区では納付相談員の身分証明書を確認するよう呼びかけている。


東京都新宿区:平成20年1月24日 介護保険料徴収票の紛失について
http://www.city.shinjuku.tokyo.jp/whatsnew/pub/2008/0124-01.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×