Weekly Topics:ビジネスセンターのPCにトロイの木馬 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

Weekly Topics:ビジネスセンターのPCにトロイの木馬

国際 海外情報

 米国のマイアミ地方裁判所で、ホテルのビジネスセンターのPCにトロイの木馬をインストールすることで、利用者のデータを不正に獲得していたハッカーが有罪判決を受けた。

 1月9日付けの司法省の発表では、有罪となったのはコロンビア国籍のマリオ・シンバクエバ・ボニラ(40歳)だ。共犯者が1人いたようだが、その名前などは発表されていない。

 シンバクエバ・ボニラは、世界中のホテルのビジネスセンターやインターネットラウンジのコンピュータに、トロイの木馬をインストールしていたとされている。それが、キーロガーとしての役割を果たしていて、ユーザが入力した銀行やその他のオンラインアカウントやパスワードなど、極秘情報を盗み出した。給与支払いや住宅ローン関連の口座も被害に遭っている。

 シンバクエバ・ボニラはキーロガーにより獲得した、オンラインバンキングをはじめとするログイン情報を用いて、被害者の名義で新たに口座を開設。その上で、さらに数件の電子振込みなどを繰り返すことで、足跡を隠そうとしていた。不正に作成したのは、銀行口座やクレジットカードで、他人の個人情報を用いているものの、カード送付先はシンバクエバ・ボニラにしていた。

 個人情報盗難の多くは、コロンビアのコンピュータから行っている。そして、ノートパソコンをはじめ高額な電化製品購入や、香港、西インド諸島のタークス・カイコス諸島、フランス、ジャマイカ、イタリア、チリ、米国への旅行費用に充てていた。米国司法省の発表では、事件の被害者は600人以上にのぼるという…

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
※ この記事は Scan購読会員向け記事をダイジェスト掲載しました
購読会員登録案内 http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?w02_ssw
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×