宇都宮市、懸賞応募者の個人情報が閲覧可能な状態に | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.20(火)

宇都宮市、懸賞応募者の個人情報が閲覧可能な状態に

製品・サービス・業界動向 業界動向

栃木県宇都宮市の宇都宮地区広域行政推進協議会事務局は12月30日、同協議会が保有していた59名分の個人情報がインターネット上で閲覧可能な状態であったことが判明したと発表した。この個人情報は、平成14年に同協議会が懸賞を設け、インターネット(メール)で応募を受けたもので、氏名、メールアドレス、郵便番号、住所、電話番号、FAX番号、性別、年齢、アンケートの回答内容が含まれていた。事態が判明したのは平成19年12月29日15時40分頃で、同日17時40分にはデータの削除処理を完了しているという。

宇都宮地区広域行政推進協議会事務局:お詫び
http://www.bee-web.jp/info/info071230.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×