「情報セキュリティ対策ベンチマークバージョン3.0」を公開(IPA) | ScanNetSecurity
2021.12.02(木)

「情報セキュリティ対策ベンチマークバージョン3.0」を公開(IPA)

IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)は12月18日、セキュリティ対策の取組状況がどのレベルに位置しているかを確認できる自己診断システムの新バージョン「情報セキュリティ対策ベンチマークバージョン3.0」を公開したと発表した。情報セキュリティ対策ベンチマークは、

製品・サービス・業界動向 業界動向
IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)は12月18日、セキュリティ対策の取組状況がどのレベルに位置しているかを確認できる自己診断システムの新バージョン「情報セキュリティ対策ベンチマークバージョン3.0」を公開したと発表した。情報セキュリティ対策ベンチマークは、組織の情報セキュリティ対策の取組状況(25項目)と企業プロフィール(15項目)を回答することにより、
他社と比較して、セキュリティ対策の取組状況がどのレベルに位置しているかを確認できる自己診断システム。

新バージョンでは、ISMS認証基準が新基準になったことへの対応、およびユーザーの要望に基づいた機能追加を行っている。また、英語バージョン3.0も同時に公開した。また、ISMS認証基準(JIS Q 27001: 2006)に対応したほか、訂正か新規の診断かを選べる機能の追加など、MYページのユーザビリティを向上したほか、診断用ツールの提供や公的機関の利用や部門単位での利用にも対応した。

http://www.ipa.go.jp/about/press/20071218.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×