総務省情報通信政策局でメールアドレスの誤送信 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.22(月)

総務省情報通信政策局でメールアドレスの誤送信

総務省情報通信政策局放送政策課は12月16日、平成19年12月15日に「携帯端末向けマルチメディア放送サービス等の在り方に関する懇談会」の傍聴希望者の一部に対し、メールアドレスが表示される形で電子メールを誤って送信したことが判明したと発表した。これは、平成19年

製品・サービス・業界動向 業界動向
総務省情報通信政策局放送政策課は12月16日、平成19年12月15日に「携帯端末向けマルチメディア放送サービス等の在り方に関する懇談会」の傍聴希望者の一部に対し、メールアドレスが表示される形で電子メールを誤って送信したことが判明したと発表した。これは、平成19年12月15日1時8分および1時10分、「携帯端末向けマルチメディア放送サービス等の在り方に関する懇談会」の第6回会合(12月20日(木)開催予定)の傍聴希望者の一部に対して一斉に電子メールにて事務連絡するに際し、着信先でそれぞれ60名および42名(計102名)分のメールアドレスが表示される状態でメッセージを送信してしまったもの。同課では、今後このような事態が生じないよう、厳重かつ適正な管理を徹底するとしている。


総務省:メールアドレスの誤送信について
http://www.soumu.go.jp/s-news/2007/071216_1.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×