シマンテック、月例スパムレポート12月号を発表 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.20(木)

シマンテック、月例スパムレポート12月号を発表

株式会社シマンテックは12月14日、「シマンテック月例スパムレポート」 12月号を発行した。レポートによると、2007年11月のスパム活動では、全送信メッセージ中のスパムの割合がさらに増加して約75%(今年5月は64%)となった。また、11月は北京オリンピック関連のスパ

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社シマンテックは12月14日、「シマンテック月例スパムレポート」 12月号を発行した。レポートによると、2007年11月のスパム活動では、全送信メッセージ中のスパムの割合がさらに増加して約75%(今年5月は64%)となった。また、11月は北京オリンピック関連のスパムが出現し始めたほか、ブリトニー スピアーズ(Britney Spears)、リンジー ローハン(Lindsay Lohan)、ドニー オズモンド(Donny Osmond)などのセレブリティを利用したヘッドライン医薬品スパム、有効なメールアドレスを特定するための空メール大量送信、行方不明の児童を利用するスパム、詐欺の増加、季節に関連するキャンペーンスパムなどが発見されている。

また、2007年のレビューとして、「Storm worm / Peacomm Trojanとの連動」「オーディオ(MP3)と動画(例:YouTube)の利用」「Googleアラート機能、サーチ機能の利用」「異なるプロトコル、プラットフォームの利用(例:IM、SMS、オンラインゲーム)」を新たに登場したスパムとして挙げている。また、画像スパムやファイル添付スパムの一時的な流行、株式操作スパムの継続的な進化、北京オリンピック、米カリフォルニア州の大火災、サダム フセイン処刑などのソーシャルエンジニアリング、詐欺スパムの継続的な増加と進化を2007年のトレンドとしている。


シマンテック
http://www.symantec.com/ja/jp/index.jsp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×