シマンテック、月例スパムレポート12月号を発表 | ScanNetSecurity
2021.12.02(木)

シマンテック、月例スパムレポート12月号を発表

株式会社シマンテックは12月14日、「シマンテック月例スパムレポート」 12月号を発行した。レポートによると、2007年11月のスパム活動では、全送信メッセージ中のスパムの割合がさらに増加して約75%(今年5月は64%)となった。また、11月は北京オリンピック関連のスパ

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社シマンテックは12月14日、「シマンテック月例スパムレポート」 12月号を発行した。レポートによると、2007年11月のスパム活動では、全送信メッセージ中のスパムの割合がさらに増加して約75%(今年5月は64%)となった。また、11月は北京オリンピック関連のスパムが出現し始めたほか、ブリトニー スピアーズ(Britney Spears)、リンジー ローハン(Lindsay Lohan)、ドニー オズモンド(Donny Osmond)などのセレブリティを利用したヘッドライン医薬品スパム、有効なメールアドレスを特定するための空メール大量送信、行方不明の児童を利用するスパム、詐欺の増加、季節に関連するキャンペーンスパムなどが発見されている。

また、2007年のレビューとして、「Storm worm / Peacomm Trojanとの連動」「オーディオ(MP3)と動画(例:YouTube)の利用」「Googleアラート機能、サーチ機能の利用」「異なるプロトコル、プラットフォームの利用(例:IM、SMS、オンラインゲーム)」を新たに登場したスパムとして挙げている。また、画像スパムやファイル添付スパムの一時的な流行、株式操作スパムの継続的な進化、北京オリンピック、米カリフォルニア州の大火災、サダム フセイン処刑などのソーシャルエンジニアリング、詐欺スパムの継続的な増加と進化を2007年のトレンドとしている。


シマンテック
http://www.symantec.com/ja/jp/index.jsp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×