オープンソースのセキュリティ強化支援サービスを開始(NRI) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

オープンソースのセキュリティ強化支援サービスを開始(NRI)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社野村総合研究所(NRI)は12月12日、組み込み系ソフトウェア開発
企業向けに、オープンソースソフトウェアのセキュリティ強化サービスを同日より提供開始したと発表した。本サービスは、ApacheやTomcatなどがインストールされているWebサーバ、CVSやSubversionなどが入ったバージョン管理ツールなどを対象とするもの。価格は1システムあたり300万円から。

NRIはオープンソース・サポートサービス「OpenStandia」を用いて、アクセスコントロール、データのバックアップ、システム監視などの統合的な管理サービスを行う。また、オプションとして仮想化技術を用いたサーバ統合も行う。これにより顧客企業は、すでに使っているオープンソースの文書やプログラム管理ツールをそのまま活用しながら、オープンソース活用のメリットである低コストを維持しつつ一層のセキュリティ強化と社内の一元的なセキュリティ管理を実現できる。
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×