捜査機関向けコンピュータ・フォレンジック教育サービスを提供開始(DIT) | ScanNetSecurity
2021.12.05(日)

捜査機関向けコンピュータ・フォレンジック教育サービスを提供開始(DIT)

株式会社ディアイティ(DIT)は12月6日、サイバー犯罪およびサイバーテロ犯罪の捜査に関わる警察等の捜査機関に対し、コンピュータ・フォレンジック教育を2008年1月より開始すると発表した。この教育プログラムは、サイバー犯罪の刑事裁判(送検、起訴)において有効な証

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社ディアイティ(DIT)は12月6日、サイバー犯罪およびサイバーテロ犯罪の捜査に関わる警察等の捜査機関に対し、コンピュータ・フォレンジック教育を2008年1月より開始すると発表した。この教育プログラムは、サイバー犯罪の刑事裁判(送検、起訴)において有効な証拠の提出が求められており、捜査機関においては捜査員に対し、コンピュータ・フォレンジックの教育をし、専門家を養成することが急務となっていることを受けたもの。

実務レベルのカリキュラムを中心とし、刑事訴訟法に基づく捜査、解析手法および技法の習得を目的としている。DITは、P2P情報漏洩対策支援やフォレンジック実践等の多くの経験を活かし、独自のテキストおよび演習環境を開発し、捜査機関等の要望を満たす、より高度なコンピュータ・フォレンジック教育を提供する。

http://www.dit.co.jp/news/news2007/2007_1206.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×