シンクライアント製品のハイエンドモデルを発売(ワイズテクノロジー) | ScanNetSecurity
2021.12.07(火)

シンクライアント製品のハイエンドモデルを発売(ワイズテクノロジー)

ワイズテクノロジー株式会社は12月12日、現時点での同社Wyseシンクライアントターミナルで最も高速なパフォーマンスを持つ製品「Wyseシンクライアント V Class LE」の国内販売を開始すると発表した。本製品は、VIA Eden C7プロセッサ(1.2GHz)を備えたWyseシンクライア

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ワイズテクノロジー株式会社は12月12日、現時点での同社Wyseシンクライアントターミナルで最も高速なパフォーマンスを持つ製品「Wyseシンクライアント V Class LE」の国内販売を開始すると発表した。本製品は、VIA Eden C7プロセッサ(1.2GHz)を備えたWyseシンクライアントターミナル。VMware Virtual Desktop Infrastructure(VDI)、Citrix Presentation Server、Microsoft Terminal Serviceなどのデスクトップ仮想化や画面転送型ソリューションの性能を最大限に高め、従来の製品群と比べても大幅な性能アップを実現した。

ゼロコンピューティング対応の「V00LE」、WindowsCE5.0ベースの「WyseV30LE」、Linuxベースの「Wyse V50LE」、およびWindows XPeベースの「WyseV90LE」のラインアップを用意し、ユーザ環境や要望に応じて選択できる。またV00LEシンクライアントとWyseプロビジョニングソフトウェア「WyseStreaming Manager」の組み合わせで利用することにより、シンクライアント端末において完全なデスクトップPC環境(ネットブート型ソリューション)の提供が可能となっている。

http://webdev-jp.wyse.com/about/news/pr/2007/1212.asp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×