長崎県平戸市のホームページが繰り返し改竄被害 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.19(日)

長崎県平戸市のホームページが繰り返し改竄被害

製品・サービス・業界動向 業界動向

長崎県平戸市は12月10日、平戸市公式ホームページが外部から不正に改竄されたと発表した。これは10月18日、同市職員が市公式ホームページを閲覧できないことを確認し原因を調査した結果、同トップページが改竄され、不正なコードが埋め込まれていたことが判明したというもの。この改竄により、ホームページを閲覧した利用者のPCに不正プログラム(コンピュータウイルス)をダウンロードするページへ誘導する状態になっており、同日、復旧作業を行った。

同市では10月18日から11月7日にかけて各種対応策を施し、11月8日以降は改竄行為を一時防いでいたが、11月29日から30日に新たに改竄されていることが判明し、新たな対応策を施した。この間、計21回にわたり外部からの改竄行為を確認しているという。なお、この時間帯の平戸市公式ホームページへのアクセス件数は1,638件であった。(市役所からの内部閲覧を含む)


長崎県平戸市:平戸市ホームページの改ざんについて
http://www.city.hirado.nagasaki.jp/city/info/prev.asp?fol_id=11978
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×