T&Dフィナンシャル生命で顧客情報が流出、差出人不明の郵便で発覚 | ScanNetSecurity
2022.12.04(日)

T&Dフィナンシャル生命で顧客情報が流出、差出人不明の郵便で発覚

T&Dフィナンシャル生命保険株式会社は12月10日、顧客のご契約情報を含む同社の顧客情報920件分が記載された資料が11月26日、同社に差出人不明で郵送されたと発表した。内容を確認したところ同社と保険募集代理店契約を締結していた株式会社八木橋の関連会社である株式会

製品・サービス・業界動向 業界動向
T&Dフィナンシャル生命保険株式会社は12月10日、顧客のご契約情報を含む同社の顧客情報920件分が記載された資料が11月26日、同社に差出人不明で郵送されたと発表した。内容を確認したところ同社と保険募集代理店契約を締結していた株式会社八木橋の関連会社である株式会社ヤマキ(現 株式会社八木橋総合保険サービス)に、同社より貸与した当該代理店の取扱契約一覧表のコピーであることが判明したという。

この資料は、平成17年9月14日基準で作成し、同年9月21日に同社がヤマキに貸与、同年12月29日に同社より回収したもの。同社及び八木橋総合保険サービスで調査を行い、差出人を確定させるとともに、差出人の供述に基づく同社を除く送付先(8ヶ所)への送付資料のうち7ヶ所について確保した。残る1ヶ所についても全力で確保に向けて調査を行っているという。なお、現在のところ、不正利用等による二次被害の事実は確認されていないとしている。


T&Dフィナンシャル生命保険:お客さま情報掲載資料の社外流出について
http://www.tdf-life.co.jp/annai/pdf/20071210.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×