マカフィー、サイバーセキュリティに関する年次研究報告書を発表 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

マカフィー、サイバーセキュリティに関する年次研究報告書を発表

製品・サービス・業界動向 業界動向

マカフィー株式会社は12月6日、サイバーセキュリティに関する年次研究報告書「McAfee Virtual Criminology Report Vol.3」の日本語版を発表した。報告書によると、「政府および関係諸機関は、インターネットを使って、サイバー諜報活動、サイバー攻撃を相互に行っている」「電力、航空管制、金融市場、政府システムなど、重要な国家インフラのネットワークシステムがターゲット」「現在、120 ヶ国がインターネットを使って ウェブ諜報活動を行っている」「サイバー攻撃の多くは中国から発信され、しかも中国政府はサイバー諜報活動を行っていることを公言している」「サイバー攻撃は進化し、政府のサイバー防御を巧みにすり抜けるように工夫されている」「攻撃は、初期の愉快犯から、豊富な資金力と組織力に裏付けられた政治、軍事、経済、技術スパイ活動に移行している」と結論している。

また、個人データ、オンラインサービスへのますます進化する脅威として、マルウェアの複雑化やVoIPソフトウェアに対する「ヴィッシング」や「フリーキング」、銀行に対する継続的なサイバー攻撃により、オンライン バンキング サービスの信頼が大きく損なわれ、電子商取引にブレーキがかかることなどを懸念している。このほか報告書では、複雑に進化するサイバー犯罪ツール市場についても言及している。

マカフィー、新しい研究報告を発表 サイバー諜報活動が国家安全保障に対する脅威として拡大
http://www.mcafee.com/japan/about/prelease/pr_07b.asp?pr=07/12/06-1
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×