国内ISPとして初めてEV SSL証明書をWebメールに導入(NECビッグローブ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.22(月)

国内ISPとして初めてEV SSL証明書をWebメールに導入(NECビッグローブ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

NECビッグローブ株式会社および日本ベリサイン株式会社は12月5日、BIGLOBEが提供するWebメールサービス「ウェブリメール」において、日本ベリサインのEV SSL 証明書「グローバル・サーバID EV」を国内ISPとして初めて導入すると発表した。

これにより、利用者がウェブリメールのログイン画面にアクセスすると、ウェブブラウザのアドレスバーが緑色に変化し、会社名(NEC BIGLOBE Ltd.[JP])と認証局名(VeriSign によって識別)が交互にアドレスバーに表示され、アクセス中のウェブサイトがフィッシングサイトではなく本物のサイトであることを視覚的にわかりやすく確認することが可能になる。両社は今後とも、巧妙化するフィッシング詐欺などの脅威に対する有効なソリューションを提供し、プライバシー情報といった重要な情報を適切に保護しながら安心してインターネットを利用できる社会の実現に貢献していくという。

http://www.biglobe.co.jp/press/2007/1205-2.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×