ハッシュ関数をテーマとした暗号セミナーを開催(IPA) | ScanNetSecurity
2021.12.08(水)

ハッシュ関数をテーマとした暗号セミナーを開催(IPA)

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は11月30日、ハッシュ関数にかかわる構成法、解析手法をメインテーマとしたフォーラム「IPA暗号フォーラム2007秋」を開催すると発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は11月30日、ハッシュ関数にかかわる構成法、解析手法をメインテーマとしたフォーラム「IPA暗号フォーラム2007秋」を開催すると発表した。

同フォーラムは暗号技術の研究者、開発者などを対象にしたもので、内外の専門家を招きハッシュ関数の構成法、解析手法にかかわる最新動向などの講演が行われる(講演は基本的に英語で、同時通訳はつかない)。日時は12月12日、13時〜17時35分。会場は東京・文京グリーンコートセンターオフィス15階。参加費無料。定員100名(定員になり次第、終了)。申し込みは、氏名、所属、連絡先メールアドレスを明記の上、専用メールアドレス(crypt-forum2007@ipa.go.jp)に送付。

http://www.ipa.go.jp/security/event/2007/crypt-forum/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×