ハッシュ関数をテーマとした暗号セミナーを開催(IPA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.19(月)

ハッシュ関数をテーマとした暗号セミナーを開催(IPA)

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は11月30日、ハッシュ関数にかかわる構成法、解析手法をメインテーマとしたフォーラム「IPA暗号フォーラム2007秋」を開催すると発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は11月30日、ハッシュ関数にかかわる構成法、解析手法をメインテーマとしたフォーラム「IPA暗号フォーラム2007秋」を開催すると発表した。

同フォーラムは暗号技術の研究者、開発者などを対象にしたもので、内外の専門家を招きハッシュ関数の構成法、解析手法にかかわる最新動向などの講演が行われる(講演は基本的に英語で、同時通訳はつかない)。日時は12月12日、13時〜17時35分。会場は東京・文京グリーンコートセンターオフィス15階。参加費無料。定員100名(定員になり次第、終了)。申し込みは、氏名、所属、連絡先メールアドレスを明記の上、専用メールアドレス(crypt-forum2007@ipa.go.jp)に送付。

http://www.ipa.go.jp/security/event/2007/crypt-forum/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×