Dr.WEB、2007年11月のウイルス・スパムレビューを発表 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.22(日)

Dr.WEB、2007年11月のウイルス・スパムレビューを発表

製品・サービス・業界動向 業界動向

株式会社ネットフォレストは12月5日、同社セキュリティサイト「Dr.WEB」において「2007年11月のウイルス・スパムレビュー」を発表した。発表によると、10月末から11月上旬にかけて「Storm Worm」がハロウィンに乗じた迷惑メールをばら撒いた。それまでの「Storm Worm」によって誘導されるサイトと異なり、デザインセンスのあるコンテンツが表示され「Dancing Skeleton(踊る骸骨)」を見るように促した。

また、11月からロシアの複数のISP向けに正式にサービスを開始した「Dr.Web AV-Desk」により、エンドユーザPCが予想以上にマルウェアの脅威に晒されていることが判明した。特に多いマルウェアはパスワードを盗み出そうとするトロイの木馬であり、新テクノロジー「Origins Tracing」によって数多く検出された。迷惑メールに関しては「Storm Worm」によるものを含め、減る気配は全くなく、日本語の迷惑メールはアダルトサイトやブランド品の偽者販売サイトへの勧誘、性的コンテンツへのリンクに見せかけた詐欺サイトへの誘導など、より巧妙かつ悪質になっている。


Dr.WEB:2007年11月のウイルス・スパムレビュー
http://drweb.jp/news/?20071205
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×