会津若松市のサイトに不正侵入、フィッシングの踏み台に | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.21(水)

会津若松市のサイトに不正侵入、フィッシングの踏み台に

製品・サービス・業界動向 業界動向

会津若松市は11月28日、同市ホームページ内の「教育ポータルサイト」に、アメリカのオークション等を業務とする会社の擬似ページ(英語)が作成され、利用者情報を不正取得する「フィッシング行為」の踏み台とされる被害が確認されたと発表した。このため、同日18時30分頃に市ホームページを緊急閉鎖し、現在のところ再開の目途が立たない状況となっている。

同市によると、これまで確認できた被害状況は、教育ポータル内への不正ページ(フィッシング行為に使用されたと思われる)の書込み、および数箇所に不正ファイルの書込みが確認された。個人情報等への影響としては、11月28日現在では個人情報流出の可能性は低い状況としている。今後の対応として、侵入原因の調査、代替市ホームページの臨時開設、市ホームページの再構築(セキュリティチェックを徹底)を挙げている。

会津若松市:会津若松市ホームページへの不正侵入について
http://www.city.aizuwakamatsu.fukushima.jp/20071128fusei_access.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×