ネットワークアクセス保護機能に関する実証プロジェクトを開始(マイクロソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.21(月)

ネットワークアクセス保護機能に関する実証プロジェクトを開始(マイクロソフト)

製品・サービス・業界動向 業界動向

マイクロソフト株式会社は11月28日、パートナー企業と共同で次期サーバオペレーティングシステム「Microsoft Windows Server 2008」のネットワークアクセス保護機能(NAP)に対応したネットワーク機器、アプリケーションの動作確認などを行う「NAP パートナープログラム」を開始した。同プログラムは、各社の同機能対応ネットワーク機器やアプリケーションなどを相互接続して検証するとともに、その検証結果を公開することにより、企業のNAPソリューションの導入を支援することを目的としたもの。

検証作業は、マイクロソフト米国本社や日本における製品開発の拠点、調布技術センターに設置したマイクロソフト イノベーション センターなどと連携しながら、各社との協力のもと実施する。また企業規模に応じたNAPの展開シナリオや、他の検疫ソリューションとNAPの連携に関する技術情報をWebサイトで公開するほか、日本市場におけるNAPソリューションのセミナーなども共同で実施していく予定だ。

http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=3283
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×