常時バックアップアプライアンスの上位モデルを発売(コアマイクロシステムズ) | ScanNetSecurity
2020.11.29(日)

常時バックアップアプライアンスの上位モデルを発売(コアマイクロシステムズ)

コアマイクロシステムズ株式会社は11月21日、常時バックアップアプライアンス「ServerSAFE」シリーズの上位モデル3機種の発売を開始すると発表した。本シリーズは、データが変更された時点でブロックレベルの差分のみをリアルタイムで仮想ミラー化する「継続的データ保護

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
コアマイクロシステムズ株式会社は11月21日、常時バックアップアプライアンス「ServerSAFE」シリーズの上位モデル3機種の発売を開始すると発表した。本シリーズは、データが変更された時点でブロックレベルの差分のみをリアルタイムで仮想ミラー化する「継続的データ保護(CDP)」方式を採用したバックアップアプライアンス装置。

今回発表の上位モデルは、従来モデルに比べてストレージ容量の増強とスナップショット世代数の向上を図ったものとなっている。ブロックレベルのCDP方式採用することで、目標復旧時点(RPO)と目標復旧時間(RTO)を大幅に短縮する。バックアップ容量は最大18.0TBで、64世代のスナップショットを管理可能となった。また、ディスクベースのバックアップのため、テープバックアップよりもはるかに高速になっている。

http://www.cmsinc.co.jp/news/2007/serversafe.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×