Webアプリケーションの脆弱性などを検証する品質管理ツールを発表(米IBM) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.27(日)

Webアプリケーションの脆弱性などを検証する品質管理ツールを発表(米IBM)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

米IBM社は11月13日、ハッカーなどの攻撃から企業ビジネスを防御する新しいセキュリティ・スキャン・ソフトウェア「IBM Rational AppScan」を発表した。

同製品は、Webアプリケーション・セキュリティの脆弱性を識別、検証、報告する品質管理テストツール。アプリケーションの自動プロファイリングや効果的にスキャンを実行する最善のテスト構成の提供など、専門家のベスト・プラクティスを再現する「Scan Expert」機能や、AjaxやFlashを含めた複雑なアプリケーション内のマルチステップ・プロセスを正確に評価する「State Inducer」機能などを搭載。このため、Webアプリケーション・セキュリティの経験がほとんどないユーザーでも、効果的なスキャンを実行可能。

また、本製品にはアプリケーション・セキュリティー・トレーニングをソリューションに直接組み込んだ、記録済みWBT(Webベース・トレーニング)アドバイザリーが装備されており、コンプライアンスとセキュリティに配慮した、より安全なアプリケーションをユーザーが構築できるようになっている。

http://www-06.ibm.com/jp/press/20071116001.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×