「e-総務サイト」にウイルスが埋め込まれる改竄被害 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.24(木)

「e-総務サイト」にウイルスが埋め込まれる改竄被害

製品・サービス・業界動向 業界動向

株式会社エフアンドエムは11月9日、同社が運営する「e-総務サイト」が改竄被害に遭い、閲覧したユーザのPCがウイルスに感染する可能性があったことが判明したと発表した。これは、11月3日16時35分から11月5日15時10分までの間に、同サイトで専門家相談ページを閲覧したり、個人情報の変更画面を表示した場合、PCがウイルスに感染する可能性があるというもの。現在、十数種類が確認されているという。

ウイルスの感染によって、IDやパスワードなどの情報が搾取され、その情報が第三者に対し送られるリスクがあるとしており、該当するユーザにはウイルス対策ソフトによる処置を行うよう呼びかけている。また同社では引続き調査検討を実施しており、新たに事実関係・対応策等の詳細が明らかになった時は報告するとしている。

エフアンドエム:e-総務サイトのトラブルについてお詫びとご報告
http://www.fmltd.co.jp/info071109.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×