情報家電向けセキュアOSを開発(日立ソフト) | ScanNetSecurity
2021.10.22(金)

情報家電向けセキュアOSを開発(日立ソフト)

日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社(日立ソフト)は、情報家電のセキュリティ問題に対処する「情報家電向けSELinux」を開発したと発表した。現在セキュアOS、「SELinux」がPC向けに普及しているが、CPUやメモリ・ストレージ容量を消費するため、ハードウェアリソ

製品・サービス・業界動向 業界動向
日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社(日立ソフト)は、情報家電のセキュリティ問題に対処する「情報家電向けSELinux」を開発したと発表した。現在セキュアOS、「SELinux」がPC向けに普及しているが、CPUやメモリ・ストレージ容量を消費するため、ハードウェアリソースが少ない情報家電などの組込み機器では適用が困難であった。

そこで同社はSELinuxのハードウェアリソース消費量を削減させ、情報家電はもちろんカーナビ・携帯電話・ホームゲートウェイ等で適用可能とさせた。また同社は同OSの開発に併せ、SELinuxの設定支援ツール「SELinux Policy Editor」も組み込みソフト開発用に強化した。なお今回の開発成果の一部は、オープンソースコミュニティに提案し、採用されている。

http://hitachisoft.jp/News/News481.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×