PHP4セキュリティ保守サービスを提供開始(SRA OSS) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.23(火)

PHP4セキュリティ保守サービスを提供開始(SRA OSS)

SRA OSS日本支社は11月6日、オープンソースのスクリプト言語「PHP」のバージョン4のセキュリティ保守サービスを開始すると発表した。同サービスは、Webサーバ用途にPHPを利用しているWebサイト向けに提供するサービス。現在発表されているバージョンは5だが、世界中で構

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
SRA OSS日本支社は11月6日、オープンソースのスクリプト言語「PHP」のバージョン4のセキュリティ保守サービスを開始すると発表した。同サービスは、Webサーバ用途にPHPを利用しているWebサイト向けに提供するサービス。現在発表されているバージョンは5だが、世界中で構築されているPHPのシステムのうち、まだ大多数はバージョン4を利用しており、しかも2007年12月31日にコミュニティメンテナンスを終了すると発表されている。

これを受け同社は、PHPバージョン5系の最新バージョンにてセキュリティ修正リリースが発表された問題について、PHP4での状況を調査・報告し、回避策の提示、可能であればバックポートした修正パッチを提供することとなった。年間契約の保守サービスで、価格は1システムあたり年間840,000円。

http://www.sraoss.co.jp/company/press/2007/1106.php
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×