SCAN DISPATCH : ロシアの電脳犯罪業界の繁栄−マルウエア配布のアフィリエイト登場 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.18(金)

SCAN DISPATCH : ロシアの電脳犯罪業界の繁栄−マルウエア配布のアフィリエイト登場

国際 海外情報

 SCAN DISPATCH は、アメリカのセキュリティ業界及ハッカーコミュニティから届いたニュースを、狭く絞り込み、深く掘り下げて掲載します。
──
 10月21日つけのニューヨークタイムズ紙に「詐欺の皇帝:ロシア語で“ハッカー”って何?」というタイトルの記事が掲載された。内容は「ロシアが基点のインターネット犯罪が蔓延している」というものだった。読んでみたが、この記事が使うハッカーやインターネット犯罪の定義は時代遅れとしか言いようがない。

SCAM CZARS; What's Russian for 'Hacker'? - New York Times

 それは、ニュージーランドにある、オークランド大学コンピュータ・サイエンス学科の、ロシアのインターネット犯罪に詳しいピーター・ガットマン名誉教授のプレゼンテーションを見ればその理由が分かる。要約して紹介しよう。

 まずはゼロデイ・エクスプロイトについて。既に話題になっているように、ゼロデイ・エクスプロイトは闇で80万円〜150万円で取引されており、購入前に、本当にワクチンソフトに引っかからないかなどの「お試し」もできるようになっている。

 例えばGoziだと、値段も1,000ドルから2,000ドルで基本バージョンが購入可能で、様々な追加機能は20ドルからだ。ロシアの「会社(?)」だと安いそうだから、ガットマン名誉教授はジョークで「節約したかったらロシアのサイトから買うといい」と言っているほどだ。スキン変更すらできるユーザーフレンドリーなGUIも容易されており(画像1参照)、Webから管理することが可能だ。動画による使い方のチュートリアルも用意しているサイトもあるほどの、サービスぶりだ。


管理画面(画像1)


 取引は、ほとんどがWebMoneyの単価、「wmz」で価格がつけられ、簡単に取引ができるように設定されている。

 スパム用サービスとしては、個人の住所などの情報がCDで売買されているし、「specialham.com」や「spamforum.biz」などのスパムのブローカーは、スパムを送りたいと決めた人にソフトウエアを提供し、自らのPCで送り出すスパムの配布を「オープン・プロキシ」「リレイ」「spread-spectrum/frequency-hopping style」技術などを使って匿名化し援護している。

 carderportal.orgなどでは、スパムを月20ドルでホストするとうたっており、サービスの内容は「新規 IP、1024MB RAM、P4 CPU、72GB SCSI、ファイバーオプティクスの専用線100M、データ転送量無制限、在中国で、月USD$599.00」だという。興味深いのは、スパムのサーバのほとんどが中国にあるということだ。最近は専用ホストよりもボットネットでのスパムのほうが多くなっており、ボットネットに使用準備済みのシスコのルーター1台につき5ドル、ユニックスのマシンだと1〜5ドルで取引されている。ちなみに、Windowsのマシンは安すぎて価格がつかないという。このボットネットも今ではもちろんP2Pネットワークとなって動いている。スパマーには組合まであるというのには驚きだ。

 クレジットカードの番号は、例えばCVV(Card Verification Value:偽造防止用コード)1つで1ドル、CVVと社会保障番号のセットだと10ドル、オーダーは200ドルから、といった具合。

 それだけではない。IRCの#rippersでは「使えないカード番号を売った」「良いサービスだった」などをコメントする、評価システムまでできあがっているそうだ。つまり、インターネット犯罪は単なる「犯罪」を超え、「産業」に成長しているのだ。

 マルウエアを産業として考えていくと、独自のアファリエイト・プログラムの存在も納得いく。「iframedollars.biz」はその老舗…

Peter Gutmann Home Page
http://www.cs.auckland.ac.nz/~pgut001/
【執筆:米国 笠原利香】

──
※ この記事は Scan購読会員向け記事をダイジェスト掲載しました
購読会員登録案内 http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?w02_ssw
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. AWS 設定ミスでウォールストリートジャーナル購読者情報他 220 万件流出(The Register)

    AWS 設定ミスでウォールストリートジャーナル購読者情報他 220 万件流出(The Register)

  2. 総資産 2,303 万 3,975 ドル、逮捕された Alphabay 運営者のずさんなセキュリティ管理 (The Register)

    総資産 2,303 万 3,975 ドル、逮捕された Alphabay 運営者のずさんなセキュリティ管理 (The Register)

  3. Black Hat、DEF CON、BSides 開催でホテルがビジネスセンターを真剣に閉鎖(The Register)

    Black Hat、DEF CON、BSides 開催でホテルがビジネスセンターを真剣に閉鎖(The Register)

  4. 来月ビットコインが消え去るかもしれないが、パニックに陥るべきではない(The Register)

  5. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  6. 最大手の広告代理店が NotPetya の攻撃からいまだに立ち直れない原因(The Register)

  7. iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

  8. ソフトバンクが 1 億ドル出資し Cybereason の筆頭株主に ~ セキュリティのユニコーン誕生(The Register)

  9. 専門家「隠されたパケットスニファのスパイ技術が、無数の iPhone と iPad に存在している」~「落ち着いて…Apple のバックドアは誰でも入れるほど大きく開いてはいない」重鎮は語る(The Register)

  10. 勤務先の内部情報をダークWebに売る社員、闇のインサイダー取引サービス成長中(The Register)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×